中国湖北省|ハワイ hawaiinews

 

2020年2月2日発令された大統領令により、米国入国前14日以内に中国(香港及びマカオを除く)での滞在歴がある外国人(米国市民の直近の家族、米国永住者、航空機乗組員を除く)の入国が禁止となりました。

ダニエル K イノウエ空港(ホノルル空港)でも検疫の体制が強化されている中、2月20日ハワイで初めてコロナウイルスに関係する検疫が必要となった。

保健局の報告によると、本日2月20日月曜の朝、14日以内に中国湖北省を訪れたハワイ在住の人がホノルル空港に到着した。この在住者は、今のところ何の症状も出ていないが、14日以内に湖北省を訪問したのでCDC (Centers for Disease Control)による検疫を強制的に受ける必要がある。

この在住者は、月曜の朝にホノルル空港に到着後、パールハーバーにある国の検疫施設に移動したということだ。

中国からの直行便はないため、この乗客は中国湖北省を訪問した後に別の国へ移動してからハワイに帰ってきた。

専門家によると、この在住者は今のところ何の症状も出ていない。だからといって、一緒に乗り合わせた他の乗客に感染した可能性が全くない訳ではないが、機内で症状が明らかに出ている人といったに乗り合わせた時よりはかなりリスクは少ない。とのこと。

湖北省を訪問した者は、14日間検疫施設でモニターされる必要がある。

自ら検疫を受けるか彼ら自身でモニターする必要がある中国の他の地区を訪問した者は、ハワイには現在26人いる。

州のDepartment of HealthのドクターBruce Andersonは、

“中国に訪問した者は、慎重に自己モニタリングプログラムで自己管理をするか、必要に応じて保健所でしっかりとモニターするように” と述べた。

個人個人が責任を持って、コロナウイルス感染者を最小限に抑えたい。

Khon2参照

 

You May Also Like

ハワイアン航空、アリゾナ州にITセンターを開設

ハワイアン航空は2020年1月6日、本社を構えるホノルル以外で最大の事務所を構えるアリゾナ州テンペに…

ハワイ州自動車運転免許申請時の筆記・実技試験の免除について

日本国政府とハワイ州政府との合意により,2018年12月20日から,ハワイ州在住者であることが証明で…

緊急事態宣言発令後、ビーチでまったりするのは禁止。サーフィンやボディボードはOKだったハワイ。Stay at home orderがSafer at homeに緩和され、5/15からモールもReopenが許可されたホノルル。ビーチでまったりもこの週末から、一緒に住む家族でならOKに❣️ みんな、待ってました︎とばかりに、この人︎ 人︎ それでも、ファミリー毎に間隔をあけてというルールはしっかり守るハワイですTogether we can #ハワイ #alohafromhawaii #ハワイ経済新聞 #fundaysunday #sundayfunday #beachday #wecanchillnow #wecanchange #ハワイ大好き #ハワイ生活 #ハワイ最高 #ハワイ好きな人と繋がりたい #ハワイライフ #ハワイ旅行 #ハワイ在住 #ハワイ暮らし #ハワイの歴史 #サーフィン #サーフィン女子 #波乗り #ビーチ #ライフスタイル #理想 #ハワイに住む #goforit #luckywelivehawaii #aloha #ohana #mahalo #stayhealthy